MENU

BANGKOK HOUSING GUIDEへの お問い合わせ

日本人スタッフがご対応いたします。

日本からお電話でお問い合わせされたい方は、こちらからお電話させていただきます。メールにてご対応可能な時間帯をお知らせ下さい。

【営業時間】タイ時間 9:00 〜 18:00 ・ 日本時間 11:00 〜 20:00

02-261-3116

日本からおかけいただく場合 +66 2-261-3116

※国際電話の通話料金にご注意ください

【アクセス】
BTSプロンポン駅直結 Bhiraj Tower31階

閉じる

タイの市販薬一覧

日本では医師の処方箋がないと買えない薬も、タイでは薬局で簡単に手に入れることができます。
そのため軽い症状なら、薬局で薬を買って対処するのが一般的です。
解熱剤・鎮痛剤などのポピュラーな薬は、コンビニでも販売されています。
また、タイで売られている市販薬は、用法表記がタイ語・英語のため、言葉に不安な人は日本人薬剤師が常駐する薬局を選ぶとよいでしょう。

  • SaRa<鎮痛剤>
    サラ

    【効能】熱、頭痛・歯痛・生理痛の緩和
    【用法・用量】大人(13歳以上)1回1~2錠、子ども(6~12歳)1回1/2~1錠を4~6時間ごとに服用。1日4錠まで
    【副作用など】腎臓・肝臓に疾患がある人は使用前に医師に相談が必要です。規定量を超える服用は肝機能障害をもたらす恐れがあります

  • Tylenol<鎮痛剤>
    タイレノール

    【効能】発熱・頭痛・生理痛・歯痛の緩和
    【用法・用量】1回1~2錠を4~6時間毎に服用

  • Tylenol 500<鎮痛剤>
    タイレノール 500

    【効能】熱、頭痛・歯痛・筋肉痛・生理痛などの緩和
    【用法・用量】大人(12歳以上)1回1~2錠を3、4回服用し、1日8錠までに抑えます
    【副作用など】胃を刺激しにくいため空腹時でも服用できます。規定の用量以上を服用した場合は必ず医師に相談してください

  • Telfast<鼻水>
    テルファスト

    【効能】鼻水
    【用法・用量】1回1錠を1日2回、朝夕に服用
    【副作用など】抗ヒスタミン作用(アレルギー抑制)

  • Zyrtec<鼻水>
    ジルテック

    【効能】鼻水
    【用法・用量】1回1錠を就寝前に服用
    【副作用など】妊娠・授乳中の人は服用を控えること。かゆみ・じんましん・皮膚炎にも使われます

  • トラー・スアダオ<咳>
    ヒョウ印のシロップ剤

    【効能】せき、たん
    【用法・用量】瓶をよく振り、大人は小さじ1~2杯(5~10ml)、子ども(6~12歳)1/2~1杯(2.5~5ml)を1日3~4回内服してください
    【副作用など】アルコールが少量含まれており、6歳未満の子ども、高齢者、妊婦は使用できません。3日以上の服用は避け、直射日光のあたらないところで保管してください

  • Oreda<経口補水液>
    オレダ

    【効能】脱水症状の緩和
    【用法・用量】コップ1杯の水(約150cc)に溶かしてお飲みください
    【副作用など】経口補水液

  • Amoxil 500mg<のどの痛み>
    アモキシ ベンカード

    【効能】のどの痛みの緩和、扁桃腺炎
    【用法・用量】1回1錠、毎食後と就寝前の1日4回服用
    【副作用など】日本ではピロリ菌の除去に使われることが多い薬です

  • Strepsils<のどの痛み>
    ストレプシルズ

    【効能】のどの痛みの緩和
    【用法・用量】1回1錠、2~3時間ごとに口の中で溶かすように舐めます
    【副作用など】に医師に相談が必要です。2日間で改善がみられない場合は医師・薬剤師に相談してください

  • イソジンのどフレッシュ<のど塗り薬>
     

    【効能】のどの痛みの緩和、のどの不快感
    【用法・用量】1日数回適量をのどの粘膜面に噴射塗布
    【副作用など】キズややけどへの使用、内服はしないでください

     

  • イソジンガーグル<うがい薬>
     

    【効能】咽頭炎、扁桃炎、口内炎、抜歯創を含む口腔創傷の感染予防、口腔内の消毒
    【用法・用量】用時15~30倍(2~4mLを約60mLの水)に希釈し、1日数回含嗽してください
    【副作用など】甲状腺機能に異常のある患者には慎重に使用してください

  • Fa ta lai jone capsule<感冒薬>
    ファタライジョンカプセル

    【効能】下痢、発熱、のどの痛み
    【用法・用量】1回2~4錠を毎食後・就寝前に服用
    【副作用など】タイハーブの総合感冒薬

  • Tiffi<感冒薬>
    ティッフィー

    【効能】風邪の諸症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり、頭痛、発熱)の緩和
    【用法・用量】大人1回1~2錠、子ども(6~12才)1回1錠を4~6時間ごとに服用
    【副作用など】コンビニで買えます

  • Decolgen<感冒薬>
    ディコルジェン

    【効能】くしゃみ、鼻水、鼻づまり、頭痛、発熱などの風邪の諸症状の緩和
    【用法・用量】大人1回1~2錠、子ども(6~12才)1回1錠を4~6時間ごとに服用
    【副作用など】コンビニで買えます

  • Berocca<ビタミン剤>
    ベロッカ

    【効能】風邪のひき始め、口内炎、ニキビ、疲れた時
    【用法・用量】1日1錠をコップ一杯の水で溶かして服用
    【副作用など】体質に合わないと思われる場合は量を減らすか、一時利用を休止してください

  • Vicks vaporub<塗り薬>
    ヴィックス・ヴェポラップ

    【効能】1日3 回適量を手に取り、胸やのど、背中に塗ります
    【用法・用量】1日1錠をコップ一杯の水で溶かして服用
    【副作用など】体温で温められた有効成分が鼻や口から吸入され、呼吸を楽にします。2歳未満の子どもは使用できません。口に入れないよう注意が必要です

  • Miracid<胃痛・胃炎>
    ミラシッド

    【効能】胃炎・胃酸過多・逆流性食道炎、十二指腸、潰瘍、ゾリンジャー・エリソン症候群に作用
    【用法・用量】1回1錠、食前朝夕2回
    【副作用など】胃に腫瘍がある人、子ども、妊娠・授乳中の女性は服用できません。副作用に吐き気、頭痛、下痢、発疹・発熱を伴うことがあります。直射日光を避けて30℃以下の場所で保管してください

  • Buscopan<胃痛・胃炎>
    ブスコパン

    【効能】胃腸・内臓のけいれん性の痛みの緩和
    【用法・用量】1回1錠を1日3回、毎食後に服用してください
    【副作用など】症状を医師・薬剤師に伝え、適した用法・用量の指示を仰いでください。緑内障、排尿障害、心臓病、腸閉塞などの症状がある人は服用できません

  • Eno<消化不良・胸焼け・胃のもたれ>
    イーノー

    【効能】胃酸過多・膨満感の改善
    【用法・用量】大人(12歳以上)は、1回1袋を水に溶かして服用してください
    【副作用など】連続して服用する際は2~3時間空け、2週間以上の服用は避けてください。医師の指示がある場合はそれに従って服用すること。心臓・肝臓・腎臓に疾患がある人は服用できません

  • ヤータート・ナムデーン<消化不良>
     

    【効能】消化不良、ガスの排出促進
    【用法・用量】食前に大人大さじ1杯(15ml)、子ども小さじ1杯(5ml)を1日3回服用
    【副作用など】直射日光を避け、30℃以下の場所で保管してください

  • Air-x<消化不良・胃酸過多>
    エア・エックス

    【効能】胸焼け、胃のもたれなど
    【用法・用量】1回1~2錠をかんで服用
    【副作用など】チュアブルタイプ

  • Combizym<消化不良・胃のもたれ>
    コンビチーム

    【効能】消化不良、胸焼け、胃のもたれなど
    【用法・用量】1回1~2錠を服用
    【副作用など】チュアブルタイプ

  • Imodium<下痢>
    イモディアム

    【効能】下痢止め
    【用法・用量】1回2錠服用し、6時間ごとに症状が治まるまで服用してください。1日8錠まで
    【副作用など】強力に効くため、規定量を守り服用してください。細菌性の下痢の場合は、腸内に細菌がとどまるため服用を避けましょう

  • Norfox 400<下痢>
    ノーフォックス400

    【効能】下痢を伴う腹痛、呼吸器・泌尿器・胆のう・腸などの細菌感染の症状を緩和
    【用法・用量】1回1錠、朝夕の2回服用してください
    【副作用など】抗生物質のため、服用期間は医師・薬剤師の指示に従ってください

  • ヤータート・ナムカオ<下痢>
     

    【効能】腸内殺菌作用、腹痛・下痢・胃けいれん・膨張感の緩和
    【用法・用量】大人は大さじ1杯(15ml)、子どもは小さじ1~2杯(5~10ml)をそれぞれ1日3回服用
    【副作用など】アルコールが含まれているので、服用には注意が必要です。薬にアレルギーがある場合は医師・薬剤師に相談の上、使用してください

  • Dulcolax<便秘>
    ドゥルコラックス

    【効能】便秘の緩和
    【用法・用量】1~2錠を就寝前に服用してください(12歳以上)
    【副作用など】妊娠・授乳中の女性、吐き気、胃痛、胃のむかつき、便通の急激な変化があった人は医師に相談の上、服用してください

  • Emulax<便秘>
    エミュラックス

    【効能】便秘の緩和
    【用法・用量】1回1~2錠を就寝前に服用
    【副作用など】痔の人は服用を控えてください

  • Senokot<便秘>
    セノコット

    【効能】便秘の緩和
    【用法・用量】症状に合わせ、大人(12歳以上)は最大4錠、子ども(6歳以上)は最大2錠を服用
    【副作用など】自然由来成分配合の下剤です。3日以内に便通がない場合や、腹痛が起きたときは服用をやめ、医師に相談してください

  • Motilium-m<吐き気>
    モティリウム・エム

    【効能】吐き気、嘔吐
    【用法・用量】1回1錠を1日3回、食前に服用
    【副作用など】乗り物酔い、つわりには効果がありません

  • Lucinar<抗生物質>
    ルシナー

    【効能】アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の緩和
    【用法・用量】1日2~3回、患部に塗布します。1週間続けて使用してください
    【副作用など】フシジン酸にアレルギーのある人は肝臓に障害を引き起こす場合があるため、使用できません

  • Augmentin<抗生物質>
    オーグメンチン

    【効能】中耳炎、急性気管支炎、扁桃腺炎、咽頭・喉頭炎、膀胱炎、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症、腎盂腎炎、淋病、子宮内感染症などの軽度の症状の際に使用してください
    【用法・用量】症状に合わせて用量が変わります。軽度の場合、大人(12歳以上)1回1錠を1日2回服用してください
    【副作用など】医師・薬剤師の指示に従って服用してください。指定の用量を最後まで飲みきり、開封後は30日以内に使い切ります。副作用にじんましんや発疹などのアレルギー症状が出た場合は死に至る危険性もあるため、直ちに服用をやめ医師に相談してください

  • Romed<抗生物質>
    ロメッド

    【効能】皮膚感染症、肺炎・気管支炎・扁桃腺の呼吸器感染症
    【用法・用量】1日2回、食後に服用してください
    【副作用など】用量は医師・薬剤師の指示に従ってください。副作用に発疹などのアレルギー症状を伴う場合があります。症状が出た場合は服用をやめ、医師に相談してください

  • Ibiamox<抗生物質>
    イビアモックス

    【効能】耳、のどの細菌感染、中耳炎、副鼻腔炎
    【用法・用量】1回1錠、毎食後と就寝前の4回服用してください
    【副作用など】処方に従って飲みきってください。ペニシリン系の薬品にアレルギーがある人は服用できません。妊娠中の女性や腎機能障害がある人は服用前に医師に相談が必要です

  • Povidon<消毒薬>
    ポビドン

    【効能】火傷・切り傷、水泡などの一般的な外傷、細菌・カビなどの消毒
    【用法・用量】消毒綿など清潔なコットンに染み込ませ、患部に塗布します。火傷には消毒液を染み込ませたガーゼを患部に貼り、1日に数回取り替えます
    【副作用など】水で洗い流すことができます。30℃以下で保管し、口に入れないよう注意が必要です

  • Cohol ud<消毒薬>
    コール ユー•ディー

    【効能】傷口の殺菌・消毒・洗浄
    【用法・用量】消毒綿など清潔なコットンに染み込ませ、患部と周辺を拭います
    【副作用など】成分の70%がアルコールのため、取り扱いには十分注意し、30℃以下で保管してください

  • Pises powder<消毒薬>
    ピセス・パウダー

    【効能】ニキビ、膿腫、水泡など傷口の殺菌
    【用法・用量】清潔にした患部に、粉末を1日1~2回塗布します。バクテリアの殺菌には、水で溶いたものを薄く塗布してください
    【副作用など】内服はできません。口に入れないよう注意が必要です

  • Tensoplastic<絆創膏>
    テンソプラスティック

    【効能】傷口の保護
    【用法・用量】創傷面にパッド部分をあてて貼ってください
    【副作用など】かさぶた、目の粘膜等には使用しないでください

  • Siang pure oil<筋肉痛>
    シアンピュア液状軟膏

    【効能】筋肉痛、打ち身、虫さされ、鼻づまり、めまい、悪心
    【用法・用量】筋肉痛、虫さされの場合は皮膚・患部に塗布。鼻づまり、めまい、悪心の場合は鼻から吸入します
    【副作用など】口に入れないよう注意してください

     

  • Tiger balm plaster<筋肉痛>
    タイガーバーム・プラスター

    【効能】筋肉痛の緩和、血行促進
    【用法・用量】患部を清潔に乾かしてから貼付します。入浴後は30分以上間を空けてから使用してください
    【副作用など】妊娠・授乳中の女性は使用前に医師に相談し、目の周りや傷口のある部分は避けてください。開封後は密閉して保管します。赤は温シップ、白は冷シップです

  • Tiger balm<筋肉痛>
    タイガーバーム

    【効能】筋肉痛、虫さされなどのかゆみ・腫れの緩和
    【用法・用量】適量を手に取り、患部になじませてください
    【副作用など】目や鼻腔などの粘膜部分には使用できません。2歳以下の子ども、妊娠・授乳中の女性は使用前に医師に相談してください。白は冷感、赤は温感です

  • Voltaren emulgel<筋肉痛>
    ボルタレンエマルジェル

    【効能】腫れをとり、痛みを和らげます
    【用法・用量】適量を1日数回患部に塗布
    【副作用など】同薬成分に対して過敏症の既往歴がある人、アスピリン喘息またはその既往歴がある人は使用しないでください

  • Counterpain<筋肉痛>
    カウンターペイン

    【効能】腫れをとり、痛みを和らげます
    【用法・用量】適量を1日数回患部に塗布
    【副作用など】皮膚に異常を感じた場合は使用を中止してください

  • Betnovate<皮膚炎>
    ベトノベート

    【効能】皮膚炎、アレルギー症状の抑制
    【用法・用量】適量を1日3回患部に塗布
    【副作用など】急な使用中止は症状を悪化させることがあります。使用箇所の皮膚が弱くなることがあります

  • Trinolone<口内炎>
    トライノロン

    【効能】慢性はく離性歯肉炎、びらん又は潰瘍を伴う難治性口内炎及び舌炎
    【用法・用量】患部を清拭してから適量を1日1回~数回患部に塗布
    【副作用など】長く続けていると、新たな感染による口内炎を生じることがあります

  • Gentian Violet<口内炎>
    ゲンチアナ・バイオレット

    【効能】口内炎、舌溝症の緩和、舌苔の除去
    【用法・用量】適量を綿棒に取り、口内炎は患部に、舌苔の除去には口腔内全体に塗布してください
    【副作用など】30℃以下の場所で保管してください

  • Tobrex<結膜炎・ものもらい>
    トブレックス

    【効能】結膜炎、ものもらい
    【用法・用量】1回1~2滴を1日4~5回点眼
    【副作用など】長期使用で菌に耐性ができ、効果が低下することがあります

  • Cravit<結膜炎・ものもらい>
    クラビット

    【効能】結膜炎、ものもらい
    【用法・用量】1回1滴を1日3回点眼
    【副作用など】主な副作用として、眼刺激感、目のかゆみ、角膜障害、眼瞼炎など

  • Patar 75(m-16)<歯痛>
    パタール75

    【効能】虫歯、鎮痛
    【用法・用量】綿球に浸し、塗布
    【副作用など】主成分はクローブ、樟脳など

  • Cadramine-v<虫さされ・湿疹>
    カドラーマーイ・ブイ・ローション

    【効能】虫さされ・日焼け・発疹・あせも・じんましんなどかゆみの諸症状の緩和
    【用法・用量】1日数回、適量を手に取り患部に塗ります
    【副作用など】使用前に瓶をよく振ってください。子どもが口に入れないよう注意が必要です

  • Ponstan<生理痛>
    ポンスタン

    【効能】変形性関節症、腰痛症、症候性神経痛、頭痛、副鼻腔炎、月経痛、分娩後疼痛、歯痛
    【用法・用量】成人は1回500mg、その後6時間毎に1回250mgを経口服用
    【副作用など】空腹時の服用は避けてください

  • Obimin-az<貧血サプリメント>
    オビミンAZ

    【効能】妊娠期のビタミン補給
    【用法・用量】1日1回1錠服用
    【副作用など】妊娠中、授乳中の女性などに

  • Histatab<かゆみ・アレルギー>
    ヒスタタブ

    【効能】くしゃみ、鼻水、かゆみの緩和
    【用法・用量】1回1錠1日3回食後に服用
    【副作用など】過去14日間にMAO阻害剤を服用した場合は、薬を使用しないでください

  • Tempra kids<子ども用風邪薬>
    テンプラー・キッズ

    【効能】子ども(生後6ヵ月~6歳)の熱、痛みの緩和
    【用法・用量】生後6ヵ月~1歳小さじ1/2杯(2.5ml)、1~3歳は1/2~1杯(2.5~5ml)、3~6歳は1~2杯(5~10ml)を、症状が現れたときに4~6時間おきに服用します。1日5回まで
    【副作用など】肝臓と腎臓に疾患がある場合は服用前に医師に相談し、5日以上の服用は避けてください。規定量を超えて服用すると肝機能障害を引き起こす恐れがあります

  • Sara(子ども用)<解熱剤>
    サラ

    【効能】熱、痛みの緩和
    【用法・用量】指定の容量を守って服用してください
    【副作用など】子どもの手の届かない場所に保存してください

  • Ezerra cream<かぶれ・湿疹>
    エゼッラクリーム

    【効能】乾燥、かゆみから防ぎます
    【用法・用量】1日3~4回塗布
    【副作用など】子どもの手の届かない場所に保存してください

  • Dimenhydrinate<乗り物酔い>
    ジメンヒドリナート

    【効能】乗り物酔い、吐き気・むかつきの抑制
    【用法・用量】乗車・乗船の30分前に1錠服用します
    【副作用など】副作用として眠気を伴うことがあるため、服用後に運転をしないでください

  • Sensodyne<オーラルケア>
    センソダイン

    【効能】知覚過敏対策
    【用法・用量】2.5cmを塗布し、1分以上ブラッシングしてください
    【副作用など】日本では「シュミテクト」として販売されています

  • Parodontax<オーラルケア>
    パロドンタックス

    【効能】歯茎からの出血を防ぐ
    【用法・用量】適量を塗布し、ブラッシングしてください
    【副作用など】日本では「アセス」として販売されています

お問い合わせ

日本人スタッフがご対応いたします。

日本からお電話でお問い合わせされたい方は、こちらからお電話させていただきます。メールにてご対応可能な時間帯をお知らせ下さい。

【営業時間】
タイ時間 9:00 〜 18:00 ・
日本時間 11:00 〜 20:00

02-261-3116

日本からおかけいただく場合 +66 2-261-3116

※国際電話の通話料金にご注意ください

【アクセス】
BTSプロンポン駅直結 Bhiraj Tower31階