MENU

BANGKOK HOUSING GUIDEへの お問い合わせ

日本人スタッフがご対応いたします。

日本からお電話でお問い合わせされたい方は、こちらからお電話させていただきます。メールにてご対応可能な時間帯をお知らせ下さい。

【営業時間】タイ時間 9:00 〜 18:00 ・ 日本時間 11:00 〜 20:00

02-261-3116

日本からおかけいただく場合 +66 2-261-3116

※国際電話の通話料金にご注意ください

【アクセス】
BTSプロンポン駅直結 Bhiraj Tower31階

閉じる

ペットと暮らす

日本で一緒に暮らしてきたペットは家族同然。
タイでも仲良く暮らすにはどうすればいいの?
子どもがペットを欲しがるけど、新しく飼うにはどうすればいいの?

●ペット可物件は全体のわずか5%

バンコクのペット可物件は全体の約5%とされ、少ないのが現状です。公園内はほとんどが散歩禁止であり、また街には野犬も多いため、住居の敷地内で散歩をさせるのが一般的。日本の状況とは大きく異なっています。仮にペット可の物件でも、小型犬に限定といった条件もあるため、事前の下調べが重要です。スクンビットエリアであれば、Kヴィレッジやパークレーンなどが、ペットと一緒に買い物ができるショッピングモールとして有名。2014年にはバンコク初のドッグパークがバンケーン区ラムイントラ通りの「ワチャラーピロム公園」に建設されましたが、遊ばせるには、生後3ヵ月以上、ワクチン接種済みなどの条件があります。2016年にはさらにドッグパークを併設した公園が3ヵ所オープンする予定です。


Notice: Undefined index: 右 in /home/wisebk/www/wisebk/list.php on line 49

●こんな時どうする?

日本から犬や猫を連れていきたい
出発7日前までに農林水産省動物検疫所に連絡し、輸出検査申請書の交付を受けます。タイ側にも申請が必要なため、タイの検疫所に申請書(必要書類はタイ大使館で申請)をFAX。(電話02-134-0731、FAX02-134-3640)。タイ到着後、日本政府発行の健康証明書を持参の上、空港内の動物検疫所で輸入許可申請を行います。その際、手数料が100バーツ必要。

タイでペットを購入したい
タイではペットショップのほか、市場などでも手軽に購入できます。しかし、想定より大きなサイズになったり、異なる犬種に育ったりするケースがよくあります。また、早期に親元から離すため、健康状態が悪い場合が多く、その後の治療費に膨大なお金がかかってしまうことも少なくありません。

帰国する場合はどうしたらいい?
入国に比べ、日本への帰国は手続きがとても大変です。マイクロチップ、予防接種、抗体検査後に180日の待機期間を経て帰国可能となります。飛行機も搭乗できる頭数が限定されており、到着空港の動物検疫所に、手続きが複雑な40日前申請も行わなければなりません。一部の手続きを病院や運送会社が代行していますが、一部のペットショップでは、予防接種、抗体検査、帰国書類の作成、検疫所の送迎まで、すべてワンストップ&低価格で行っています。

お問い合わせ

日本人スタッフがご対応いたします。

日本からお電話でお問い合わせされたい方は、こちらからお電話させていただきます。メールにてご対応可能な時間帯をお知らせ下さい。

【営業時間】
タイ時間 9:00 〜 18:00 ・
日本時間 11:00 〜 20:00

02-261-3116

日本からおかけいただく場合 +66 2-261-3116

※国際電話の通話料金にご注意ください

【アクセス】
BTSプロンポン駅直結 Bhiraj Tower31階